浮気調査中の自宅での注意点

浮気調査に関するご依頼を受けてから調査報告書をお渡しするまでの間の、ご自宅での注意点について2点、ご紹介します。

●感情の乱れによる「ポロっと、、」に要注意!

「会話の中で、浮気調査によって知りえたことをつい口に出してしまった」

「喧嘩で言い合いになり、最後開き直って探偵に依頼していることを言ってしまった」

「怒りのあまり、資料をたたきつけてしまった」

「焦る気持ちから、外出先等を根掘り葉掘り追及しすぎて問いただされて言ってしまった」など。

同じ屋根の下で、隠し事や見てみぬフリって、結構精神的にストレスですよね。ましてや、浮気の証拠集めの調査期間中ともなればなおさらです。同じ屋根の下だからこそ、感情は乱れてしまうものだと思います。しかし、相手に浮気調査がバレてしまえば、相手も反撃してくるでしょうし、決定的な証拠を得る前に調査を終了せざるを得なくなってしまいます。お辛いかとは思いますが、浮気調査期間中は冷静な対応が必要です。

●探偵に依頼したと思われる証拠の管理に要注意!

「スマホの登録を○○探偵事務所等にしていて、通話履歴やメールのやりとりを見られてしまった」

「自宅のPCのネット検索履歴を見られてしまった」

「探偵事務所に入って行く姿を、相手側の知人等に見られてリークされてしまった」など。

浮気に夢中の人は、ほとんどの人がバレていないと自信があり、まさか自分に探偵がついているとは思ってもいないと思います。しかし、ひょんなことから自分に浮気調査の探偵がついていると認識した場合どういう行動に出るでしょうか。直接反撃してこない人も、外でのかなりの警戒が始まると思います。その場合、調査期間中に浮気の証拠となる行為を止める可能性もあり、調査結果が著しく変わってきてしまいます。浮気調査期間中は細心の注意が必要です。

ご依頼された方の想いに応えるべく、最後まで全力で証拠集めに努めておりますので、ご依頼人と対象者間での浮気調査発覚は、出来る限り避けていただきたいと、探偵社としても大変言葉に詰まる想いがあります。こちらは是非、参考にされてください。

浮気の制裁と刑法

他人ならさほど気にならないものの、一度信じた相手からの裏切りとなると、精神的ダメージは多大なるものであると思います。きっと、浮気されたから制裁を与えてやりたい。と考えてしまう方も多くいらっしゃると思います。気持ちはわかります。でもその際に、やってしまったら刑法により罰せられる可能性のある行為をいくつかご紹介します。

●名誉毀損罪:職場や家族、友人や近隣の人に浮気の事実をばらし、社会的な評価を下げる行為。罰則は、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金。
●脅迫罪:浮気の事実をネタに、損害を与えるつもりであることを伝える行為。罰則は、2年以下の懲役または、30万円以下の罰金。
●恐喝罪:相手に危害は加えないものの、金銭等の利益を得ようとする行為。罰則は、10年以下の懲役。

●暴行罪:傷害には至らなかったが、暴行を加える行為。罰則は、2年以下の懲役または、30万円以下の罰金。
●傷害罪:暴力により、相手を負傷させる行為。罰則は、15年以下の懲役または、50万円以下の罰金。
●殺人罪:人を殺める行為。罰則は、死刑または無期懲役。(若しくは5年以上の懲役)

 
被害者だったはずが、気がつけば加害者という結末は避けていただきたく思います。正式な裁判を通した正当な話し合いにより、解決するに越したことはないですので、参考にされてください。

 

浮気調査・不倫調査について→http://www.saga007.com/uwaki.html

 

浮気が法律にふれる境界線

人が、浮気であると感じる境界性は様々だと思います。例えば、別の異性と”手をつないだ”、”二人きりで食事をした”、”キスをした”など。これらが原因で喧嘩になった、という思い出のある方もいらっしゃるかと思います。しかし、この境界性はあくまで、個人の判断であるゆえに、曖昧なものです。

そこで、法律にふれてしまう境界線についてご紹介します。

不倫や浮気に関する法律では、相手の行為が不貞行為に該当するかしないかが境界線になってきます。不貞行為をみなされる例としては、異性との肉体関係の有無などがあり、逆に不貞行為とみなされない例として、デートやキス、風俗などがあります。また、もし裁判になった際は、その行為に関する十分な証拠が必要になります。

法律が絡む喧嘩に挑む際は、感情的にはならず、まず自分が何をすべきかを冷静に考えることをおすすめします。不貞行為の立証には、必ず証拠が必要です。

是非、参考にされてください。

※詳しくは、こちらをご覧ください。http://www.saga007.com/uwaki.html

不倫の代償 社会的信用

不倫相手が同じ職場である場合、不倫関係が発覚し会社にばれるといった事もあり得ます。そうなると、不倫していたどちらの社会的評価も地に落ちてしまいます。

image

周囲に知られることで非常に仕事はやりづらくなります。また、配属部署を変えられたり、プロジェクトから外されることもあります。

取引先関係の人との不倫ですと、その取引先に関わる仕事からは外されるという事もあるでしょう。会社同士の取引きや関係が絶たれることもあるでしょう。

他人の目が気になり、おそらく仕事どころではないでしょう。上司や部下、同僚も、これまでと同じ様には接してくれないでしょう。会社での居心地が悪さから、自ら退職の道を選ぶことも多いといいます。

さらには自分の両親などからも信用はなくなる可能性が高いです。自分が家庭を持っていて不倫をした場合、配偶者の親せき関係に知られたりしたら、それこそ一生言われ続けるでしょう。

そして失った信用は、取り戻すのは非常に困難で、長い時間がかかると考えられます。

信用だけの問題ではなく、経済的にも精神的にも償っていかなければなりません。
慰謝料を払って、会社からも退職に追い込まれ、その後の生活でいっぱいいっぱいだったとしても、謝り続けなくてはいけません。
軽い気持ちや遊びが何年も、もしかしたら一生、人の人生を狂わせたことを背負うことになるのです。

新人探偵の法知識

佐賀の新人探偵です。

どのような仕事でも、その業種に必要な法律があります。

様々な業種が様々な法律を守りながら仕事を行わなければなりません。

探偵業にも「探偵業法」たる法律があります。

探偵という仕事は人のプライバシーと非常に近いところで仕事を行います。故に、「探偵業法」以外にも様々な法律を学ぶ必要があります。

探偵業法では皆さんも聞いたことがある「尾行」というのが一つの業務とされています。
しかし、これは「人の平穏を害さない範囲」とされています。

平穏?どんな範囲??

これは相手に気付かれることがボーダーラインとなります。

では、その範囲を超えてしまうとどうなるのでしょう。

気付かれるとこれは「付きまとい」という扱いになります。最悪、刑事事件となり行政処分を受けることもあるのだとか。。。

やってもよいけど、気付かれたらアウト。。。
なんて法律(T▽T)

探偵は警察や検事とは違い、特に権限を持っているわけではありません。人の家に黙って入れば住居侵入になり、尾行で相手に気付かれれば、つきまといとなるのです。

 

ですから探偵業法以外にも法律に詳しくなければなりません。

 

探偵の仕事の多くは民事訴訟の証拠集めです。

 

法の知識も調査力のうち。。。

ということで、今日も頑張ります(^_^ゞ