不倫の代償 社会的信用

不倫相手が同じ職場である場合、不倫関係が発覚し会社にばれるといった事もあり得ます。そうなると、不倫していたどちらの社会的評価も地に落ちてしまいます。

image

周囲に知られることで非常に仕事はやりづらくなります。また、配属部署を変えられたり、プロジェクトから外されることもあります。

取引先関係の人との不倫ですと、その取引先に関わる仕事からは外されるという事もあるでしょう。会社同士の取引きや関係が絶たれることもあるでしょう。

他人の目が気になり、おそらく仕事どころではないでしょう。上司や部下、同僚も、これまでと同じ様には接してくれないでしょう。会社での居心地が悪さから、自ら退職の道を選ぶことも多いといいます。

さらには自分の両親などからも信用はなくなる可能性が高いです。自分が家庭を持っていて不倫をした場合、配偶者の親せき関係に知られたりしたら、それこそ一生言われ続けるでしょう。

そして失った信用は、取り戻すのは非常に困難で、長い時間がかかると考えられます。

信用だけの問題ではなく、経済的にも精神的にも償っていかなければなりません。
慰謝料を払って、会社からも退職に追い込まれ、その後の生活でいっぱいいっぱいだったとしても、謝り続けなくてはいけません。
軽い気持ちや遊びが何年も、もしかしたら一生、人の人生を狂わせたことを背負うことになるのです。

新人探偵の法知識

佐賀の新人探偵です。

どのような仕事でも、その業種に必要な法律があります。

様々な業種が様々な法律を守りながら仕事を行わなければなりません。

探偵業にも「探偵業法」たる法律があります。

探偵という仕事は人のプライバシーと非常に近いところで仕事を行います。故に、「探偵業法」以外にも様々な法律を学ぶ必要があります。

探偵業法では皆さんも聞いたことがある「尾行」というのが一つの業務とされています。
しかし、これは「人の平穏を害さない範囲」とされています。

平穏?どんな範囲??

これは相手に気付かれることがボーダーラインとなります。

では、その範囲を超えてしまうとどうなるのでしょう。

気付かれるとこれは「付きまとい」という扱いになります。最悪、刑事事件となり行政処分を受けることもあるのだとか。。。

やってもよいけど、気付かれたらアウト。。。
なんて法律(T▽T)

探偵は警察や検事とは違い、特に権限を持っているわけではありません。人の家に黙って入れば住居侵入になり、尾行で相手に気付かれれば、つきまといとなるのです。

 

ですから探偵業法以外にも法律に詳しくなければなりません。

 

探偵の仕事の多くは民事訴訟の証拠集めです。

 

法の知識も調査力のうち。。。

ということで、今日も頑張ります(^_^ゞ

佐賀の探偵の教科書

先日、お休みの日に本屋さんに行ったら…

DSC_0147

探偵の探偵です。まだ特集されてました。人気なんですね。

 

私が探偵になった一ヶ月前に最初に勉強?したものです。私はドラマで見ましたが…

 

パラパラとめくってみると、主人公の描写がドラマにそっくりで驚きました。

 

・ストレートの長髪
・少しつりあがった大きな瞳
・すっと通った鼻筋
・透けるように瑞々しい肌
・服の上からでも推測できるからだの細さ
・物憂げな表情と冷ややかな態度
・すわった目つきと落ち着きぶり

まさに、北川景子さんですね。

 

全く右も左もわからない私にとってはある種指針となり、思い出にもなりました。

 

一度勉強したものを、さらに深く掘り下げることで知識となり技術に繋がると信じ、まずは一冊だけ購入しました。

 

この本を読むためにも上手く時間を作らないと!

国際結婚での離婚と親権問題

離婚の際に問題となるのは子供の「親権問題」です。では国際結婚であった場合の親権はどうなるのでしょう?
国際結婚である夫婦の親権は「子どもの国籍地の法律に従って」決められます。
例えば子供が日本国籍ならば日本の「民法」に従いますが、アメリカの国籍ならば「合衆国憲法」に従わなければなりません。しかし、中には「両親と子どもの国籍が違う」といった夫婦もいます。両親と子供の国籍が別であった場合に限り、「その子どもが長く居住していた国の法律」が適用されるようになっていますので、「アメリカ国籍だけど日本の民法に従う」で親権問題を解決するという状況も生まれます。

離婚時の慰謝料と裁判

「慰謝料」は必ず発生するものではなく、浮気や暴力などの不法行為によって離婚原因を作った側が、相手に対して与えた精神的苦痛を賠償するお金のことを言います。性格の不一致など、どちらに落ち度があると判断できないような場合に支払われることは少ないようです。なお、離婚に際してのお金についての話し合いが冷静にできない、あるいは不安がある……というのが普通です。まずは弁護士などの専門家に相談したり、家庭裁判所の調停手続を利用するなどの方法をとっていきます。
はっきり言いますと裁判離婚には費用も時間も労力もかなりかかってしまいます。費用の中身は、離婚請求料(印紙代など)、切手代、弁護士の費用などです。慰謝料や財産分与を請求する場合も、別に費用が必要となります。調停同様、弁護士をたてなくとも裁判をすることは可能なのですが、裁判である以上は調停以上に専門的な知識がないと圧倒的に不利となります。
感情にまかせて簡単に「浮気=離婚・慰謝料」という考えではなく、冷静に「何にどれくらいの費用がかかるか」考えておくことが大切です。