浮気調査中の自宅での注意点

浮気調査に関するご依頼を受けてから調査報告書をお渡しするまでの間の、ご自宅での注意点について2点、ご紹介します。

●感情の乱れによる「ポロっと、、」に要注意!

「会話の中で、浮気調査によって知りえたことをつい口に出してしまった」

「喧嘩で言い合いになり、最後開き直って探偵に依頼していることを言ってしまった」

「怒りのあまり、資料をたたきつけてしまった」

「焦る気持ちから、外出先等を根掘り葉掘り追及しすぎて問いただされて言ってしまった」など。

同じ屋根の下で、隠し事や見てみぬフリって、結構精神的にストレスですよね。ましてや、浮気の証拠集めの調査期間中ともなればなおさらです。同じ屋根の下だからこそ、感情は乱れてしまうものだと思います。しかし、相手に浮気調査がバレてしまえば、相手も反撃してくるでしょうし、決定的な証拠を得る前に調査を終了せざるを得なくなってしまいます。お辛いかとは思いますが、浮気調査期間中は冷静な対応が必要です。

●探偵に依頼したと思われる証拠の管理に要注意!

「スマホの登録を○○探偵事務所等にしていて、通話履歴やメールのやりとりを見られてしまった」

「自宅のPCのネット検索履歴を見られてしまった」

「探偵事務所に入って行く姿を、相手側の知人等に見られてリークされてしまった」など。

浮気に夢中の人は、ほとんどの人がバレていないと自信があり、まさか自分に探偵がついているとは思ってもいないと思います。しかし、ひょんなことから自分に浮気調査の探偵がついていると認識した場合どういう行動に出るでしょうか。直接反撃してこない人も、外でのかなりの警戒が始まると思います。その場合、調査期間中に浮気の証拠となる行為を止める可能性もあり、調査結果が著しく変わってきてしまいます。浮気調査期間中は細心の注意が必要です。

ご依頼された方の想いに応えるべく、最後まで全力で証拠集めに努めておりますので、ご依頼人と対象者間での浮気調査発覚は、出来る限り避けていただきたいと、探偵社としても大変言葉に詰まる想いがあります。こちらは是非、参考にされてください。

近年のストーカー問題について

a0027_001452_m_R今年になってからの報道をみてみると「ストーカーを演じる“ストーカー代行”」なる事件も起こっています。これは意中の男性の気を惹くために第三者に“ストーカーを演じてもらう”ものだそうです( ̄▽ ̄;)

ストーカー規制の法律では2条1項に「ストーカー行為」とは「当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者」による「つきまとい行為」となっています。

そのため、警察での「ストーカー事案」として取り扱った件数の大半は、交際相手・配偶者・内縁者などによるものが多く、実は「自分勝手な思い込みで一方的に恋愛感情を抱いてしまうこと」でストーカーに及んだ事件では警察が動いた例は少ないのです…。

また最近の事件に関して見てみると、被害者の方は警察に相談されているにも関わらず、事件という心が痛い結果になってしまった事例が多いですね。 心当たりの方・ストーカーにお悩みの方はぜひ証拠の取得をオススメします。証拠の有無で警察の動きに大きな影響が期待できます。

佐賀の探偵はクリスマスも調査です

クリスマスイルミネーション
今は自宅にイルミネーションをしている方が多いですよね。
23日の尾行の最中、二軒のお家がイルミネーションをされていました。
すごく綺麗に飾られていましたよ。
暫く見ていたかったのですけど、調査中だったので、
とりあえず写真だけ撮らさせて頂きました。
大手の会社がイルミネーションをしていますが、
わざわざ見に行かなくても、ここで十分です。

佐賀の探偵Aさんは「力道山」のファン

プロレスの歴史をつくった「力道山」が非業の死を遂げてから、15日で50年になるそうである。

勿論、私の年齢的に見た事は無いが、名前は知っている。
私の幼少の頃と云えば、
もちろん「馬場」「猪木」

元来、プロレスには興味は無いが、一度縁あって観戦した事はある。
その時に「馬場さん」を目の前で見て握手もしたのだが、
体が大きいこと大きいこと。
手は私の倍はあったように記憶している。
試合中の場内の雰囲気も特別で、
試合を見ているというよりは、ショーを見ているようであった。

今となっては懐かしい記憶だが、この「力道山」の記事を読んで、再び思い出された。
ちなみに昨年、
私より先輩のAさんが佐賀の探偵業務を手伝ってくれているが、
年代的にさすが、力道山ネタに詳しい
張り込み時にウトウトしていると
容赦なく「空手チョップ」と云いながら
平手打ちされる

ちなみに、「力道山」の孫がプロレスデビューするそうである。

「ジャネーの法則」一年間、早く感じるか遅く感じるか…

今年の世相を表す漢字は「輪」と発表されましたね!五輪関係のニュースが皆さん印象に残ったのではないでしょうか?僕はというと今年は他業種から探偵社へ転勤してちょうど1年弱となり、まさに探偵業の勉強の1年でしたよ~
なので僕の漢字は「勤」かなヽ( ̄▽ ̄)ノ
特にこの1年は僕にとって「探偵」という新しい事ばっかりで特に早く感じます… 歳を重ねると確かに1年間が短く感じてくる事実にびっくりです

ちなみに歳を重ねると年月は短く感じる現象は“ジャネーの法則”っていうらしいです(。-∀-)
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1に対して、5歳の人間にとっては人生の5分の1。だから早く感じてしまうんですね~でもこれは「1年を振り返った」場合の話で、いくつにおなろうと、日々の充実感や新鮮さがあれば子供の頃と同じように1年を感じれるのかもしれませんね
「1年早いなー」とか「1年あっという間だなー」は、「今年も単調だったなー」と言ってるのと同じだったりもするので、あまり思っても言わないほうがいいのかもしれませんね(笑)
201301180600_R