浮気の制裁と刑法

他人ならさほど気にならないものの、一度信じた相手からの裏切りとなると、精神的ダメージは多大なるものであると思います。きっと、浮気されたから制裁を与えてやりたい。と考えてしまう方も多くいらっしゃると思います。気持ちはわかります。でもその際に、やってしまったら刑法により罰せられる可能性のある行為をいくつかご紹介します。

●名誉毀損罪:職場や家族、友人や近隣の人に浮気の事実をばらし、社会的な評価を下げる行為。罰則は、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金。
●脅迫罪:浮気の事実をネタに、損害を与えるつもりであることを伝える行為。罰則は、2年以下の懲役または、30万円以下の罰金。
●恐喝罪:相手に危害は加えないものの、金銭等の利益を得ようとする行為。罰則は、10年以下の懲役。

●暴行罪:傷害には至らなかったが、暴行を加える行為。罰則は、2年以下の懲役または、30万円以下の罰金。
●傷害罪:暴力により、相手を負傷させる行為。罰則は、15年以下の懲役または、50万円以下の罰金。
●殺人罪:人を殺める行為。罰則は、死刑または無期懲役。(若しくは5年以上の懲役)

 
被害者だったはずが、気がつけば加害者という結末は避けていただきたく思います。正式な裁判を通した正当な話し合いにより、解決するに越したことはないですので、参考にされてください。

 

浮気調査・不倫調査について→http://www.saga007.com/uwaki.html

 

浮気が法律にふれる境界線

人が、浮気であると感じる境界性は様々だと思います。例えば、別の異性と”手をつないだ”、”二人きりで食事をした”、”キスをした”など。これらが原因で喧嘩になった、という思い出のある方もいらっしゃるかと思います。しかし、この境界性はあくまで、個人の判断であるゆえに、曖昧なものです。

そこで、法律にふれてしまう境界線についてご紹介します。

不倫や浮気に関する法律では、相手の行為が不貞行為に該当するかしないかが境界線になってきます。不貞行為をみなされる例としては、異性との肉体関係の有無などがあり、逆に不貞行為とみなされない例として、デートやキス、風俗などがあります。また、もし裁判になった際は、その行為に関する十分な証拠が必要になります。

法律が絡む喧嘩に挑む際は、感情的にはならず、まず自分が何をすべきかを冷静に考えることをおすすめします。不貞行為の立証には、必ず証拠が必要です。

是非、参考にされてください。

※詳しくは、こちらをご覧ください。http://www.saga007.com/uwaki.html

浮気調査での佐賀への道中

唐津へと向かう途中に何やら白い大きな銅像を発見したので、この銅像が建ててある「道の駅厳木」に立ち寄ることにした。
厳木の読み方は(きゅうらぎ)であり(ぶっちゃけ、読めませんでした…)この大きな銅像は「佐用姫像」。

ネットで調べたところによると、6世紀前半、大和朝廷から朝鮮出兵へ向かう途中の大伴狭手彦(おおとものさでひこ)と恋に落ちた地元豪族の娘、松浦佐用姫がその人であり。

「佐用姫伝説」 は、「浦島太郎伝説」「羽衣伝説」 と並ぶ「日本三大伝説」のひとつに数えられているらしく、この像は、その大伴狭手彦との別れを悲しんでいる姿とある。

ちなみに、このあと佐用姫は石になってしまったそうで、その石は唐津市 呼子町加部島の田島神社境内にある佐用姫神社に “望夫石” として祭られている。
また、「佐用姫像」は15分かけて一周しており厳木を見守っているのである。一通り見終えると佐用姫像を後にし唐津へと向かった。

浮気の証拠を集める

配偶者が浮気をしているかもと思われたとき、感情的にならず
冷静になって、どのようにしたらいいか考えましょう。
まず、自分で状況証拠を集めるのです。
①帰宅時間や外泊、休日の外出などの言動を記録しておく。
②自動車の走行距離(不自然なところがあれば写真やメモなどで記録しておく
③相手と行った疑いのあるホテルの領収書やカードの使用明細書はコピーをとり
保存しておく。

一度だけの性的行為の証拠は、本人がその後十分に反省し、謝罪すると夫婦の関係を修復できると判断されます。ですが、時間が経っても互いの関係が改善されず、ギクシャクしたままであれば「婚姻を継続しがたい重大な事由」として認められる場合があります。

裁判で認められる証拠とは
配偶者が浮気相手とホテルに出入りする写真・ビデオや旅行に行った写真・ビデオ等
確実な証拠が2回から3回くらい撮る必要がある。
調査会社の調査報告書も裁判で認められる証拠です。

浮気や不倫でお悩みであれば我慢せず佐賀の探偵社西日本リサーチに
ご相談ください。0120-252-444
探偵が教える

佐賀の浮気調査中に異音が…

佐賀市で尾行調査中に調査車両のタイヤから異音が…。しかし尾行中で確認する事は出来ず、「調査終わるまで持ってくれよ~」と祈り、不安を抱えたまま調査を継続(/–)/
何とか無事に調査を終え、早速ジャッキアップ!
探偵が感じたものは
タイヤは問題無いしなぁ~っとブレーキのディスクに指を触れると…ザラザラ。
ブレーキパットが磨り減ってしまっていました(^-^;
さすがにパットの予備は持っていないため、そろそろと運転して帰りました~
探偵が感じたものは