浮気が法律にふれる境界線

人が、浮気であると感じる境界性は様々だと思います。例えば、別の異性と”手をつないだ”、”二人きりで食事をした”、”キスをした”など。これらが原因で喧嘩になった、という思い出のある方もいらっしゃるかと思います。しかし、この境界性はあくまで、個人の判断であるゆえに、曖昧なものです。

そこで、法律にふれてしまう境界線についてご紹介します。

不倫や浮気に関する法律では、相手の行為が不貞行為に該当するかしないかが境界線になってきます。不貞行為をみなされる例としては、異性との肉体関係の有無などがあり、逆に不貞行為とみなされない例として、デートやキス、風俗などがあります。また、もし裁判になった際は、その行為に関する十分な証拠が必要になります。

法律が絡む喧嘩に挑む際は、感情的にはならず、まず自分が何をすべきかを冷静に考えることをおすすめします。不貞行為の立証には、必ず証拠が必要です。

是非、参考にされてください。

※詳しくは、こちらをご覧ください。http://www.saga007.com/uwaki.html